修理不能?? どうなるコルニャー号の巻

Pocket

今日は、故障箇所を見てもらうべく、購入元ショップにバイクを運び入れました。

ホイールを外して輪行(クルマがないので)。

徒歩の一歩一歩が傷にひびく・・・(涙)

 

いわゆるアルミフレーム・カーボンバックの、カーボンの部分なんですけど、って言って店員さんを見ると、顔に「カーボンは諦めろ」と書いてあった。

「あー カーボン・・・ね」

さあ雲行き怪しいぞ。

 

店員さんからのヒアリングの要旨。

<フォーク>

  ・フォークは交換したほうがよい

  ・コルナゴ純正フォークに交換する場合、多分3、4万円くらい。確認する

<チェーンステー>

  ・チェーンステーの修理は、取次ぎをしたことがない。

  ・コルナゴで修理してくれるかどうかもわからない。確認する

<その他>

  ・フォークをダメにする人はかなりいる(交換する)

  ・クルマとぶつかってカーボン部分がだめになった場合は、全損扱いにして、クルマのほうの保険でまかなう

 

私「なんとなくわかった。しかしまさかマイバイクが全損なんてことには、ならないですよね」

店「それはわからない

私「・・・・(´Д`)」

 

覚悟はしてたとはいえ、控えめに申し上げて、たいへんショックですね。。

たった一回の、それもクルマとぶつかったわけではなくて、単に転んだだけなのに、この始末の悪さ、、、

カーボンおっかないわ・・・・。

元はと言えば単独落車なので、自己責任として始末をつけるしかないのですが。。

 

結局、車体は店に置いてもらって、メーカーへの問い合わせの結果を、週明けに連絡してもらうことになりました。

店「じゃー預かりますけど、ホイールはないですか」

私「ええ、外してきましたので (そっちも壊れてるのさ!)」

するとコルニャー号は、試乗用のMAVICのコスカボを履かせてもらってました。

故障車なのに贅沢だな・・・(^^;

 

意気消沈の帰途、歩行者として信号待ちをしていたら、直進する自動二輪が、対向で右折する乗用車に突っ込みました。

キキー ガシャン。

バタバタバタ、と地面を転がるライダー。

なんとすぐに立ち上がって歩き回る。すごい。生命力が高いな。

でも地面に転がっているヨーロピアンバイクはオシャカだろうな・・・・・。

あるいはクルマのほうの賠償責任保険で新車が買えるかもしれないから、ある意味うらやましいな・・・。

 

さて現在、フォークの全損は決まっているので、チェーンステーの傷いかんで、今後のコルニャー号の去就が大きく左右されます。

 

(1)修理が効く場合

  ⇒ステーの修理をする

  ⇒フォークを交換する

  ⇒上記の対応を終えれば、乗ることができる

  ※ただし対応に長い期間を要する場合は、(3)として扱う可能性はある

 

(2)修理が効かない場合で、故障を無視するとき

  ⇒フォークを交換する

  ⇒ステーは修理できないが、だましだまし、乗り続ける

  ※ちょっと気味が悪いし、危ないかもしれない

 

(3)修理が効かない場合で、全損とみなすとき

  ⇒フォークは交換しない(する意味がない)

  ⇒故障フォーク+ステーのままで、トレーナーマシンとして、一生を屋内で過ごす

  ⇒代替するバイクを用意し、それに乗ることになる

 

いずれにしても、とにかく早く、再びバイクに乗り始めたい、という抑圧しにくい心理があり、これは重要な要件です。 

(1)であれば問題ないのですが、ステーの修理可否という不確実要素があります。

かたや(2)(3)のオプションは、修理可否によらず、自分で選択することができます

(1)が叶わない場合、精神衛生の観点から、(3)の対応が望ましい。

 

しかし(3)を成すには、節操のない多額の支出により覚える罪悪感をクリアする必要があります。

あと、妻にも仁義を切らないといけません。

額が額ゆえに、ギャンブルで借金するくらいの良心の呵責が予想されますが・・・。

あとは時間がかかるのもネックかな・・・と。早く乗り始めたいですし。。

やっぱり(1)が短期間で為されることが、ベストなわけです。

 

しかし(1)に対して私ができることはないですから、今考えることができるのは、(3)に係る「ネクストバイクを買うとしたら、何を買えばいいか」ということになります。

事の次第を鑑みると、フルカーボンを買う気にはなれないですけどね。。。。

妄想してみるとするか、です。

Pocket

You may also like...

4 Responses

  1. Raikou より:

    はじめまして、Raikouと申します。写真を見る限りでは、フォークもカーボン巻いて補修すれば問題ないと思うのですけどね。私は破断でもしない限り直して乗ってます(もちろん自己責任で)。

  2. too より:

    私の知り合いにも2週間で廃車(フレーム)がいます。
    その時は安いフレームを購入、コンポ移設で6万円ぐらいで仕上がったと思います。
    メーカーを絞らずに考えるのも一つかと。

  3. やどかり より:

    Raikouさん、こんにちは! 
    写真まで見て頂いて、アドバイスありがとうございます。
    その後調べてみたら、結構みなさん自力でなんとか直しているみたいですね。たくましい・・・。
    フォークは交換するほうに気が動いていますが、ステーの傷は、それほど重症とは思えないので、補修的に塗装すれば済むんじゃないか、と思っています。
    その場合DIYですが、早いこと解決して、乗り始めたいです(^^;

  4. やどかり より:

    tooさん、こんにちは!
    2週間っていうのも早すぎますね。。。 大変気の毒です。。
    私も昔、買った次の日に携帯電話を紛失したことがあります。。(^^;
    バイクで転んだ後、私の義兄がオーダーのクロモリに乗っていることを知って、長年連れそうには丈夫なほうが良いんだな・・・と意識するようになりました。
    つまり、次回転んだときのことを視野に入れるべきかなーと。
    できれば直したいのですが、それが無理なら、新しくは丈夫な素材のやつを買うべきと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。