痛みに係る雑記

Pocket

今回はケガの状態についての単なる雑記的な日記です。

 

まだ絆創膏を貼っていたり、時と場合によっては痛みに顔をしかめたりしてますが、外傷は少しずつ良くなっております。

右手首と左胸が特に治らないですが、一週間前と比べるとマシになってきた気が・・・。

胸のほうは、痛みに逆らって、より深く呼吸できるようになったし、クシャミも下手くそですがなんとかできる。

やっぱ肋骨痛めてたんじゃ? と思いますが、レントゲンはそれを否定している・・・。むう。

 

実際何が原因で痛くなってるのか、さっぱりわかりません。

痛さを感じる部位も、はっきりしないというか、全体が痛いというか、腫れたり変色したりというのもないし、ただ胸が痛い。

特にベッドに寝そべるときと、起き上がる時がまだ苦痛です。

なんで寝て起きての動作で痛みがあるのか、よくわかりませんが、咳やら深呼吸で痛むことと、体の曲げようによって痛むことを考えると、横隔膜ないし肋骨(骨格)の動作の幅がある閾値を超えると、「痛い」とこうなるようですが。

でも回復基調であるのは間違いないので、あまり心配してません。

あと一週間くらいの時間を犠牲にすれば、ローラーに乗れるくらいにはなることでしょう。

 

それより何より車体が復活できるかどうかが目下の関心毎で、場合によっては大問題です。

この先何ヶ月かの間、手元に自転車がなくなる可能性も、あるものですから。

さすがに自転車がそばにないと、ブログのネタも続かないし・・・。

さあ困ったな。。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。