さいたま環状CR一周甘味ポタ 235km

Pocket

 6月15日、入梅したというのに貴重な晴れの日が休日にあるということで、ここは気合いを入れて走らねばならないのではないか? 鼻息を荒くして頭をひねり考えたのが以下の案。こんな内容だと誰もついてきてくれる人がいないので一人旅だ。

  • 江戸川~利根川~荒川のCR乗り継ぎ環状線
  • 甘味ポタ

江戸川~利根川~荒川のCR乗り継ぎ環状線

 私の住んでいる千葉県船橋から埼玉の東側にかけてはCR(サイクリングロード)に恵まれていて、江戸川、利根川、荒川に囲まれた地域がある。それぞれが流域が広く長い川だが、各々サイクリングロードが敷設されている。今日はこれを乗り継いで、3つの河川を色々と走ってこようというものだ。
 私の自宅からは江戸川が近いので、まず千葉街道に位置する市川橋から江戸川に入って北上し、終点の関宿(千葉県野田市)までいく。そこで利根川CRに乗り換えて、埼玉県羽生市まで。最近羽生PAが熱いということで、いったんCRを降りてここを見学し、私の胃を可愛がったあと、利根川CRに戻って刀水橋(熊谷市)まで。次は荒川だが、10kmほど一般道を走って、熊谷駅付近で連絡する。そこから河口の葛西臨海公園(東京都江戸川区)まで。続いて旧江戸川を北上してから、江戸川の市川橋に至る。これで環状線の完成になるかな。地図にするとこんな感じで、少々馬鹿げてる。
20140615

甘味ポタ

 いまさら言うまでもないが、私の甘味好きは相当なもので(それほどでもねーよ)、食事のかわりにお菓子で足りる、いやむしろ好ましいという様子だ。この日もできるならカロリーを燃やしつつそれを口実にして甘いものだけをいっぱい食べたい、という明確なビジョンを設定して、補給食は甘いもの縛りとした。ランチも特にいらないだろう、甘いものを食べていれば。通過地点の羽生市には私の生家があり勝手知ったるというやつなので、甘いものを難なく補給できるだろう。あとはポケットに所謂補給食をつめこんで、足りなくなったらコンビニでスイーツでも買えばいいや。そんな思いで軽く走り出した。ただし塩分その他のミネラルが不足して死ぬのは嫌だから、塩分入りのラムネ(よくある暑さ対策)を数個携帯して、50kmごとにかじった。


江戸川の部

 もう勝手知ったる江戸川。数えきれないほど走っており、特に書くのも面倒で省くが、先の道程を考えてパワーはセーブ気味で、ケイデンス高め。少し向かい風があるが、31-2km/hくらいで巡航余裕。なんだか楽しいぞ。鼻歌まじりであっという間に関宿に至った。いつになく自転車が多すぎて戸惑う。そういえばすごく晴れていた。
 道々考えていたとおり、グリコの17アイスの自販機に駆け寄って抱きついた。少し逡巡して、ボタンを押すと出てきたのは・・・しろくま。特徴:うまい。あと炭酸ジュースも飲んで、栄養素は抜群に充実。もう走り出したい。

01c8425669b21f0c67dfc4b2912f06875740809bbe


利根川の部

 心の故郷として私から人気が高い利根川のCRに移動。来たのは4回目くらいだから、案内も良くストレスがない。天気はこれ以上ない感じで、人っ子一人いないし気分は最高。あまりに人がいないので写真をパシャパシャ撮ったんだ。

P10208502
P10208732
P1020889
P10209002

 

 加須サイクリングセンターを目印に、利根川CRを下車して一般道に入る。目指すは羽生PA、まずは下りだ。昨年、「鬼平江戸処」という、鬼平犯科帳とコラボレーションした施設ができて、人気を博している。とアド街で知った。そして私は鬼平犯科帳は見たことがないが、食べ物があるなら伺ってみようというところだ。鬼平江戸処の紹介はこちらのほうが詳しいのでリンクする。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131218_628101.html(ニュース)
http://oniheiedodokoro.driveplaza.com/(公式)

 PAには高速道路の外からも入れる。駐輪場もあるので安心。歩いてすぐだからみんな行こうよ。

P10209042

 

 施設はともかくとして、ここで目的性の高まりに心拍を合わせるようにドギマギしつつ、補給を開始した。お土産ものを物色。むっこれは五家寶。この地域ではよく食べるお菓子で、米パフを固めたものにきなこがかかっている。ほのかに甘い。130円くらい。特徴:うまい。子どものころよく食べたな~。(というほど食べてないよ)

016ea572d9b75bd426a6a7418a7d5ce8643da30e01

 

 次はお店で売ってるたい焼き。正確にはお好み鯛焼きという名前で、餡子が入っていない。代わりにお好み焼らしきものが挟まっている。具材は完全にはみ出している。もちろん餡子やカスタードクリームのたい焼きもあったけど、珍しく興味がわいたのでこれにした。口にしてみると、キャベツ、ソース、マヨネーズが特徴的(お好み焼だ)で、バランスは非常にいい。たい焼き部分は甘い。特徴:うまい。補給のコンセプトである甘味とは少し離れた味だったが、だから何だというのだ。220円。

0184de19ac58e330f0f0e9be4b292dc8e036867f73

 

 上りのPAを満喫したあとで、高速の下をくぐって下りのPAに移動。こちらはパサール羽生という名前だ。
http://pasar.driveplaza.com/hanyu/(公式)

 ずんだ系の甘味処にものすごく惹かれたのだが、お値段と相談する必要もあり、結局小ぶりのどら焼きを1つ買った。青エンドウ豆の餡子ということで、ずんだとは少し違うのだろうか。120円くらい。特徴:うまい。餡子はみどり色。これ、小ぶりじゃなくて大ぶりバージョンが食べたい。価格は跳ね上がる気がするけど。
012feaadcbb552b49a89708187b2f2152069f309a7

 

 あまり長居をしても時間がなくなるだけなので、羽生PAを辞して街中へ向かう。
 我が青春の「モア松屋(食べログ)」。本業は牛乳店だと思うが、アイスクリームで親しまれている地元の有名店だ。入り口にでっかい冷蔵庫があって、作り置きのアイスがつめこまれている。ソフトクリームもあって、これは看板娘ちゃんが作ってくれるようだ。早々に110円のモナカアイスを頂戴した。口にすると、固い。とても固い。あと味がうすいというか、あまり甘くない。安っぽい気もするが、これぞ青春の味。特徴:うまい。いいぞ。

01b1e8ae7b3c9c085f64566a5e12b50a50a3e5f933
01881824ba0c1114825ba76a70150bcb3a585dfe5a

 

 またまた移動。羽生駅近くの甘味処へ移動。移動時間4分。「あま太郎(食べログ)」だ。いわゆる大判焼き・今川焼のお店で、商品名はあま太郎になる。特筆すべきは価格で、なんと50円。(味も特筆しろよ) いったいいつから据え置いているのか見当もつかないが、先月実家で聞いた話によると、最近値上がりしたらしいw 驚愕だ。
 さて餡子のあま太郎を1つ注文すると、紙に包んでくれる。今日は暑いでしょう、と店主。一月まえにも同じことを言われた。店先で作りたてアツアツのあま太郎にかぶりつくと、50円とは思えない重量感が私の頬を試す。肉厚な皮と、それに負けない溢れんばかりの粒あん。甘さも際立っている。これが砂糖の甘さだ。ふんだんに使っているのだろう。もちろん、特徴:うまい。GWに実家に帰ったら、このあま太郎が10個あった。さすがに食えないでしょう・・・と思ったが、1日くらいたっても、水をかけて電子レンジしてやればおいしく復活する。
 この店、たこ焼きも売っている。これも安い。12個入りで200円。ひっくり返る安さ。しかしこれが実は地雷。あんまり美味しくない。ソースも水のようなウスターだし。特徴:おいしくない。私はダメなんだ。
01d2e93c439dcb6b872f787cba1230bd425debcd29
01aaf1b93dca1b4e91c9b45c80c90976789b795737
01209b3ab42c35b5edcc7089ea2e49f94f5db927a0
(編註:写真見てたら本当に食べたくなってくる)

 

 さてこれを以って、羽生市での甘いもの食べ歩き(走り)は終了。122号を北上して、道の駅はにゅうまで。そこから再び利根川CRに入り、西に向かって20kmほど走り、刀水橋まで。利根川も結構楽しかったけれど、ここで途中下車して、市街地を走って熊谷駅周辺まで行く。10kmくらい。気温が上がってきて、体感30度以上ある。ボトルの水が飛ぶように売れていくので、途中で水を買った。
 地元の老舗デパートである八木橋の横をすり抜けて、熊谷駅の南側へ。荒川だ。ようやく来たよ。ここまでの走行距離は100kmちょいくらい。


荒川の部

 これから熊谷から船橋までペダルを漕いで帰るが、常識的に考えて自転車でゆく道のりではない。前半50kmくらい(入間橋まで)は走ったことのない初見の道だ。準備として入念なルートを引いて、GARMINに入れてきたので、よほどのことがない限り迷うこともないだろう。天気もいいし、暗くなる前になるべく歩を進めたいところ。

P10209122

 

 手始めにイオンのPBの大豆バー(おつとめ品)を胃に格納する。特徴:安い。58円て安すぎでしょう。値下げシールに隠されて、実は味を知らなかったのだが、食べたところトマト系かなと思った。
01e5f8e742c2c769815af75c07a0f92e8f439622cf

 

 荒川CRの知らない道も、走り出してみるとなかなか良い印象だ。舗装がしっかりしているし、人も少ない、道も迷いにくい。気分がいいのでブルーハーツやらキリンジの楽曲を、伴奏なしの控えめな音量で歌いながら、ペダルを漕いだ。いつも思うのだが、運動中に歌を歌うことで、通常よりも心肺に負担がかかり、有酸素領域のトレーニング効果が高まるのではないかと。酸素濃度の薄い場所で行う高地トレーニングみたいなものじゃないかと。あくまで想像というか希望ですけど。
 さて情熱の薔薇を何回か歌い返したところで少し道に迷ったりもし、河岸を変えてさらに進むと、ボトルの水が心配になる状況になってきた。この日は1本しか帯刀してこなかったんだが、少し足りないなという場面がたびたびあった。気温の上昇も続いており、発汗もなかなかのものだ。土手の下に自販機の姿を見たので寄ってみると、吉川総合運動公園というもので、建物の中に売店とトイレがある。自転車ラックが備え付けてあり、人も多い。後で調べたところ、荒川CRでは有名な休憩スポットのようだ。ここで水分と糖分の補給を行った。
 誰もが知ってる森永ジャンボモナカの仲間、コクうまミルクだ。特徴としては、甘い。冷たい。うまい。
 01e31fb52c29f313e289c471fd53ab3a7d5a8de0e6

 

 長居をしても脚が固まって難儀するし、帰宅が遅くなるだけなので、私の胃を楽しませたあとは、CRに戻ってさらにモリモリ進む。木陰の回廊やらホンダの航空場やらをパスすると、見知った風景が出てくるようになった。入間橋だ。ここまでくればあとは勝手知ったるなんとやら、補給場所も所要距離も頭に入っているので安心だ。勢いに乗って、秋ヶ瀬公園まで進むことにした。
P10209152
P10209162

 

 しかしここまでの走行距離が170kmくらいになっていて、既に私の最長走行距離を超えている。体力のほうは、暑さもありバテ気味で、休憩と補給が必要とされていることは明らかだった。そう考えて秋ヶ瀬公園近くのファミリーマートに避難。向かいにセブンもあるが、いつもこのセブンを使っているで今日はファミマにした。
 手持ちの補給食が少なくなってきたので、店舗で購買。タンパクが補給できるお菓子がほしかったが、置いてなかった。仕方なくさっぱりした柑橘系ゼリーを持ってレジで会計すると、なんとイートインのスペースがあることに気付いた。大変助かる。
 ものすごく水気のある最高のオレンジが、疲れた細胞にやさしい。特徴:うまい。場所を借りて手持ちのプロテインバーも頂いた。おつとめ品、88円。特徴:安うま。やっぱり動物にはタンパク質が必要だ、それに塩っぽいものに心が焦がれている気がして、塩タブレットを口に放り込んだ。脚が攣る気配はないが、ミネラル不足で不測の事態に陥るのは御免こうむる。水も1リットルを買った。第一ボトルと第二ボトル(胃)に詰めて、万全。
01d0e21f2c4e1471167fb4584a2dc7f7ec219b9878
017b7071288a6cdf93802081b81cb61767801970cb

 

 荒川CRに戻って、残りはあと60kmくらいか。まだまだ日も高いし、平井大橋で蔵前通りに入るコースなら、自宅には16時半くらいに着いちゃう。それもなんだかもったいない気もして、時間があったら葛西臨海公園まで行こうかと考えた。荒川から行ったことないし。
 さて秋ヶ瀬公園以南、荒川の下流に入ると、どうにも向かい風が強くなってきた。体感で6~8mくらい。私の脚だと30km/h。ちょっときつい。15kmほど走って、岩淵水門で足をつき休憩することにした。休憩多いな。自販機でアクエリアスを買って仕込み。河口まではあと20kmくらいかな? 変わらず向かい風がきつい。思えば今日はほとんどの区間で向かい風(往復ビンタというより常時ビンタとなる)で、風に振り回されてる。それでも鍛錬の成果があって、弱い風なら32-3kmくらいで進めるようになってるようだ。まあ斜度で云ったら2~3%くらいに相当するのかな。向かい風について何時間も出力し続けるのは、脚というより体自体が疲れる。栄養不足もあるだろう。どういう栄養の要素かは知らないけれど。(糖分ではないな)
 平井大橋は過ぎることにして、河口付近まで到達した。少々脚がきつい。撮影スポットで自転車を降りて休む。

P10209182
P10209202
P10209242

 

 葛西臨海公園を目指して右岸から左岸に渡る。このあたりは荒川と高速と357に囲まれてつつマンションも立ち並ぶ、特殊な地域だな~と考えつつ、CRを通って同公園にIN。これで荒川は走り切った感がある。セブンティーンアイスの自販機の場所を知っているので、そこまで行き本日3本目のアイスを食べた。すごく迷ったあげく、マカダミアナッツ。特徴としては大変おいしゅうございました。それでこれが最後の補給になるだろう。
01b2bd0346346433ef89de2ec3684083e2343a8b0a

 

 あとは週末の人だかりでごった返した園内を抜け、旧江戸川と近くの一般道を北上して江戸川CRに入る。市川橋に11時間ぶりに戻ってきた。(逆から) 自宅にたどり着くと結局235kmだった。
 疲労度を見ると300kmくらいまでは走れそうだが、おそらくチャレンジすることはないだろうw 今回はおそらく将来にわたり不倒の最長走行距離記録を打ち立てられてよかったというのと、自分の胃をとことん可愛がることができて楽しかった。今後は逆に短時間・短距離で有効な、トレーニング的実走を目指していきたいと考えている。あとダイエットも進めて、レース前に楽したいなと・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 テーマを持った企画系ポタも楽しい。あとおいしい。ポチっとお願い致します・・・。

 最後の補給、夕食後のフルーツサンド。
01886985c97caa9dfe3bed66c8a5d0a0b68b01d133

Pocket

You may also like...

4 Responses

  1. つりバカ より:

    羽生のメロクリというパンは食べたことあります?まだでしたら次回是非!その時は赤城まで行きましょう!

    • やどかり やどかり より:

      メロクリ、食べたことないです。今度実家に戻った時にでも探してみます!

  2. ばんばん より:

    甘みポタ誘ってくださいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。