背中よ開けの巻

Pocket

今日はローラー回す気まんまんで一日を過ごしていたのですが、夜になって頭痛が始まり断念。

薬を飲んで入浴したら少しよくなりました。しかし今から汗をかく気にはならない(^^;

また明日です。

 

バイクに乗っていると、背中が開く感じになることがあります。

背中のカーブがきゅっとなって、腕がびよーんと前に伸びて、お腹は引っ込んで緊張する感じ。

ハンドルが遠く感じますが、違和感なし。

こうなると、「なんか調子いいんですけど!?」と素人ながら考えたりします。

何故か気持ちいいんです、これが。一体どういう現象だろう?

しかしこの感覚、2km走って出るときもあれば、20km走らないと得られなかったりします。

調子出てきたぞ? と思ってもすぐにお家に到着したり。。。

そもそもこれで正しいんだろうか? っていう問題はありますが・・・。

 

良いフォームについて考えるとき、ロードバイクの意義を鑑みて、その合目的性が大事なのかなと思います。

 ・速く走れる

 ・疲れないで走れる

 ・エネルギーを消費しないで走れる

さらに望ましいのは、

 ・快適に走れる

 ・安全に走れる

 ・故障しない

 

うーむ いいこと尽くめだ・・・。

良いフォームでこれらが得られるかどうかは不明ですが、より効率的に走りたいのは変わりませんね。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。