【車載動画】第11回 Mt.富士ヒルクライム(73分台)の巻

Pocket

 ヒルハルに引き続き、重量を顧みない潔さで、SONYのアクションカムをハンドルに装着して、富士ヒルクライム本番のレースの一部始終を録画してきた。電池が1時間18分しか持たないことを確認済なので、その時間以内にゴールしないと大変悲しいことになる。まあタイム的には心配なかったが、念のためカメラを回し始めるのを少し遅らせて、計測直前の地点からにした。本当は北麓公園に鳴り響く号砲を受けて、トラックからスタートする一連の流れを取りたかったが、ここは安全策をとってガマンだ。おかげで途中で電池を切らすことなく、五合目ゴールまでたどり着くことができた。

 走行中は基本的に人の後ろについてるので、正直あまり面白くない。見て面白いのは私くらいで、既に通しで一度見た。( ゚Д゚) まあコース終盤の56分くらいからは、一人で走る場面が多かったので、少しはご視聴頂けると思う。Full HDでどうぞ。

 さて自分でこういう動画を撮り、どういう見方をするのかと考えると、

  • コースを覚えたり(いや覚えない)
  • ラインの取り方を見たり
  • 風除け集団の中での立ち居振る舞いを感じたり
  • 周りの人や抜いていった人のリザルトを見てどのくらいの実力だったのかを計ったり
  • 様々な選手たちの機材・ウェア・フォームなどを見たり
  • 割と眠くなるので、睡眠導入のきっかけにしたり

 よく考えたら、景色を見るわけではない。本当は自分の姿を見たい(フォームや動きを見たい)のだが、こればかりは不可能だ。もし自分を撮りたいのであれば、専用カメラマンを雇って、そいつを鍛えて五合目まで遅れずに被写体について来れるよう、仕込まないといけない。1年がかりだ。

 ただ、大層つまらない動画だけど、本人からすると本当に撮ってよかった~~♪という感想だ。投資がいくらか必要だったが、今後色々と撮り溜めていって、元をとるつもりでいる。今のところ自転車にしか使い道がないのがアレだけど。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 まあどう考えても自慰に近いんだけど・・・。ポチっとお願い致します・・・。

Pocket

You may also like...

2 Responses

  1. ばんばん より:

    宿さん、はぇ〜!
    ふぉとぽた先生見たひにメーターの出る奴導入して下さい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。