赤城山HC本気リハーサルの巻

Pocket

 赤城山ヒルクライム大会まで残すところ一週間、先週は台風による天候の先行き不安であきらめた、2回目の試走に行ってきた。試走というよりも、実際は本番リハーサルという心づもりで、やる気の湧出に歯止めがきかない。

 始発で西船橋を出て、2時間45分という長旅が終了すると、そこは群馬県伊勢崎市だ。目を皿のようにしてコインロッカーを探す。これがないと始まらないのよね。そそくさと準備をととのえて、駅から20kmほど走り、前橋市のスタート地点まで移動する。

IMG_4421.JPG

 伊勢崎駅のちかくで、ルイガノのショップを発見。こんなへんぴなところにブランドショップがあるとは? 開店前なので様子がわからない。あとで調べたらルイガノ専門店らしい。もちろんガノーも扱ってる。

IMG_4422.JPG

 さてレースの計測開始地点付近である、上細井町交差点まで到着。GARMINの設定を変えたりリセットしたりして、スタートの準備をする。今日は2本登る予定として、覚悟を決めてきた。一本目は本気計測、二本目は練習(疲労獲得)。この時点でちょうど9時。今回は、ハンドルに前回の試走結果によるラップ表をはりつけてきた。今のハンドル(ネオモルフェ)は、バーテープをまく箇所が少なくて、素地が出まくりなので、情報をのせる場所には事欠かない。しかしどうにもカンニング表っぽくて、恥ずかしさはある。来週はこの更新版をこさえて、貼り付けていくつもりですよ(・∀・)

IMG_4423.JPG


<一本目>

 スタート地点から15分ほどの、畜産試験場までは、完全な生活道路でクルマの往来が激しい。加えて今週は、試走目的のロードバイクがわんさかいる・・・! 彼らと折り合いをつけながら、ペースが乱れるのは仕方なしに進行する。来週の本番では信号機がお休みになるので、気持ちよくとばしたいところだ。特にお速い方々の列車になんか乗れたらもう最高すぎる。
 畜産試験場まで、15分くらい。前半は斜度が低いので、アウターでクルクルもしくは、ゴリゴリ登る。やっぱりインナーよりはアウターのほうが力が入る感じがするので、回せるかぎりはこちらのほうがいい。(という割にはコンパクトで、クランク長も165mmだけど・・・) 手元のラップ表によると、少し先行くらい。
 旧料金所で前半が終わり。ここで9km、25分ちょっと。25分がひとつの目安みたいに聞いていたけど、実際はなかなか厳しいと思った。元メタボで、かなり体重を落とした今でも痩せ型とは言えない(ウソになる)私だと、やはり傾斜があるほどきつい。そのため本当なら前半で稼がないといけないのだけど、まあそううまくはいかないということで・・・。(しかし結果的には中盤・後半もなかなか走れたのだが)

 旧料金所から姫百合駐車場までの6kmくらいがコース中盤。プロファイルとしては、ひたすらきつめの坂。途中2箇所、シケイン的な折り返しがあるが、基本的にはずーーっと直線道路。これがきついんだな・・・。前半とはうってかわってスピードが落ちる。中盤も最初のほうはアウターで走れたので、これは全行程アウター縛りでいけなくもない? と気が迷ったが、すぐに自分の間違いを訂正してインナーに落とした。前回の試走結果つまりラップ表によると、この中盤は大体12から14km/hくらいで走っている。今回は14を切らないように調整して、もうここは耐えるしかない。みんなつらいに決まってるw

 姫百合駐車場まで登ると気分はひと息つける。ここからは後半だ。プロファイルとしては、とにかく九十九折だ。距離は5kmちょいで、斜度は平均的にもそれほどでないし、激坂もないので、個人的には割と得意な感じだ。たぶん勘違いなのだが、こういう道はなんだかサクサク登れている気がしてくる。直進よりカーブのほうがスピードが出ていると錯覚しやすいのだと思う。まあ錯覚でも気分がいいので、頑張って踏めるというわけだ。Rが高いカーブは、斜度の高い内側を避け、距離のかかる外側を避け、というのが信条なので、交通事情と相談しつつうまいこと登る。本番ではクルマもバイクも来ないので、より自由なライン選択ができて楽なんじゃないかと期待している。今日はかなりのバイクを追い越してきたのだが、ここで初めて後ろから颯爽と抜かれた。何やらバーテープが貼ってない。本気仕様!? と思うより先に、某HCレースのチャンピオンジャージが目の前に・・・。大変速い。モチベーションの助けに・・・と思って追いすがったけど、ほどなくちぎれたw
 さてタイムのほうは、1kmごとのオートラップにしていて、その度にラップ表と相談をしていたのだが、毎回少しずつ貯金を稼いでいる。総時間でも、1分、2分、2分半・・・とアドバンテージが開いていく。走りながらだと(昨今の加齢もあり)数字の計算がなかなか自信を持ってできないのだが、タイムには期待できそうな雰囲気。
 九十九折区間は、カーブごとに、「カーブXX」という青い番号の看板が立っている。ゴールでは何番まで行くのだろうと、ずーっと見ていたのだが、どうやら「カーブ68」あたりがゴール地点だ。それまでは頑張って踏むしかないのだ(・∀・;) さてゴール直前のゆるやかな直線に差し掛かる。タイムを見ると、13分台!これはこのままで・・・と思ってギアをアゲアゲしたのだが、結局数字が上がって、手元計測で1:14:04。自分にしては相当いいタイム。本当にありがとうございました。


<二本目>

 一本目の結果に気を良くして、コンビニでランチ的な補給をしながら「2本目もそこそこいけちゃうんじゃない?」と夢想したが誤りだった。最初は意気揚々と走りだすが、思ったより脚が重い。いや、想像を超えて脚が回らなすぎる。いや、もう帰りたい(;´д`) ここまで疲労の影響が出てくるとは・・・。正直脚をつきたくなったし、スピードを諦めたうえでクランクを回すのに精一杯だったが、なんとか、体力はないので気力と義務感とマゾっけだけで20km走ってゴールに。もう満身創痍。タイムは1:28:17。これ本当に同じ人間のタイムなのか・・・w 

 ストレッチをしていたらハムストリングが攣りそうになった。(ハム攣ったことがない) かなり疲れてると実感。

 アイスは食べたいけど、ダイエット中につき遠慮・・・。

IMG_4426.JPG

IMG_4430.JPG

IMG_4429.JPG


 山頂は少し雲がかかってきて、雨の雰囲気もあって、結構寒かった。ウィンドブレーカーがあってもよいくらい。ダウンヒルが進むと、少しずつ気温が上がってくるので助かったが、一刻もはやく下りたい気温だったw 本番当日も準備をおこたらないように。

 あとは伊勢崎駅まで戻って、輪行で実家まで。一時間に一本という過酷なダイヤなので、特急券を買って時間節約した。

IMG_4432.JPG

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 来週の赤城山は精一杯がんばりましょう。ポチっとお願い致します・・・。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。