不動峠TT&おまけ(第59回 本日の朝ポタ)

Pocket

前日雨だったので、路面が心配だったが、早起きすると乾きつつある気配。

久方ぶりに輪行でつくばまで行き、不動峠を3本+つつじヶ丘まで登って、昼ころに帰ることにした。

 

2週間後にはツール・ド・つくばも開催されるとあって、そこかしこに交通規制の立て看板がある。

ロードバイクは、いつもの1.5倍くらいいたかな?

P1020098.JPG

 

1本目を登りはじめたが、2分くらいでGARMINが沈黙した。

速度0.0km/h。そしてAuto Paused になる。(;´д⊂)

タイム計測をしているので、これでは意味がない。ため息をついて踵を返してやり直し。

再度ふもとから登りはじめるが、ちょうど2kmほど、半分まで来たあたりで再度0.0km/hとなった。

これには大分とさかに来たが、今度は一旦ゴールまで行くことにした。

峠の頂上でGARMINの時計を見てみると、かかった時間は15,6分?

おお? 悪くないw

二本目はGARMINを信用せず、というか0.0km/h のままスタートし、計測はiPhoneで行った。

気合を入れて踏み、回した結果、15分58秒・・・(`・ω・´)!!

これまでの最高記録が17分18秒だったので、一気に80秒くらい短縮した。

これがカーボンフレームの実力か・・・w

予想以上にうまいことタイムがとれたのでご機嫌である。

(でもたぶん1本目のほうがタイムいいんだよな・・・惜しかった)

不動峠のタイムを14分台半ばにすれば、富士山で80分近くにいけるんじゃないかと勝手に計算している。

皮算用が悪いほうに違ってたら、とんだピエロだけど、ベンチマークにしてがんばろうと考えている次第。

 

P1020096.JPG

P1020097.JPG

 

さて、好事魔多しという。記録更新の2本目に、最悪のおまけがあった。

この下りで、転んだ。

コーナーを減速して抜けたあとの直線で、突然前輪が傾いて左側に倒れていた。

ガシャーン。(;´д⊂)

もともと路面はスリッピーでリスクがあったのだが、なんで転んだのかわかってない。

何かを踏んだのかと思って路面を調べてみたが、特に得られるものはなかった。

フレーム・ホイールには損害がなく走れそうなので助かった。

それ以外のパーツは、ガシガシ削れて、いい感じに軽量化できたw

人間の損傷は、肩口、腰、膝に打撲&擦過傷で、痛いのだが、ツバつけておけば治りそう。

 

ふもとまで下って、ちょっと休憩。

最悪のおまけに関わらず、3本目+つつじヶ丘に行く元気があったのだが、ヘルメットの破損状況に気づき、「もう絶対に転べない」と考えて帰ることにしたw

また行こう。(でも梅雨の間は、やっぱり路面があれだから避けたほうがいいかな・・・)

本日の走行距離はたぶん50kmくらい。(GARMIN沈黙につき委細不明)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  さらに安全意識を高めたいと思います。治るケガで学べてよかった。 ポチっとお願い申し上げます・・・。

Pocket

You may also like...

2 Responses

  1. too より:

    不動峠、木が生い茂っていて路面 乾きにくいですよね。
    お大事に…

  2. やどかり より:

    まさにおっしゃる通りで、あそこの峠道だけウェットなんですよね・・・。
    大変勉強になりました。養生しますorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。