Mt.富士ヒルクライム その2(競技)の巻(第58回ポタ)

Pocket

前回の続きの巻。


今大会では、特に天気が心配されるかたちになっていた。

予報はずっと雨。しかも日曜、本戦の時間帯だけ雨。意地悪にもほどがあるw

 

3:30に起床してしまう。菓子パン+調理パンを朝食と称して食らう。

用意をして5:00前に宿を出て、5:20分くらいに会場入り。

雨が降ると困るので、ゴアテックス雨具を着込んでいたのだが、朝の移動だけで暑くて汗だくになった。

しかしお空の様子を見ると、若干太陽の存在を感じる。この分だと、雨は降らないかもしれない。

意を決して、競技中は雨具はつけずに、下山のときに使うことにして、下山用荷物として預けてしまった。

これで雨に対する備えはないに等しいが、周りはみんなそうだからハンデにはならないだろうw

 

基本ぼっちだったので、時間に余裕がありまくり。

会場内をうろうろうろうろしたり、ミクたん眺めたり、トイレに何度か行ったり、ブースを覗いてパワーバーを買ったり、開会式の様子を見たり、あちこちで写真をとる余裕があった。

P1020053.JPG

 

競技後に振舞われる、吉田うどんの作成風景。だしの素が見えるが・・・w

P1020057.JPG

 

輪行野郎たちは、ここで荷物を預けることができる。私もトランスアルパインを手放すことができて、助かった。

あれ背負って登れとか、なんて拷問? という話なので。

P1020058.JPG

 

下山用の荷物(ウェアとか)をゴール地点まで運ぶための仕組み。通称ゴミの日。

P1020060.JPG

私の場合、雨具上下、アニューアルジャージ、冬用グローブ、ドリンク、カロリーメイト等を送った。

 

トイレの長い列。私も直前になって、軽量化に成功した。僥倖かな。

P1020061.JPG

 

選手整列。並びます。

P1020065.JPG

 

静かに出番を待ち、アスファルトに横たわるマイバイク。

P1020070.JPG

 

チャンピオンクラスからスタート! いよいよ始まるんだなー。

私は申告90分で、6番目のグループ(第6ウェーブ)のスタート。7:25。

P1020077.JPG

 

出走のため、自転車を持ってスタート地点に移動する。

いつもはこーゆー場面では緊張しないのだが、さすがに今日はドキドキした。

って、心拍計の調子がおかしくて、なかなかこの熱い鼓動を拾ってくれない(;´д⊂)

今働かずにいつ働くというのかw

 

<序盤>

手元のGARMINでの計測は、料金所から行った。

最初のほうは調子よく、ギア選択は重め(当社比)で、ダンシングもちらほら混ぜる。

しかしいつの間にかインナーローを使っている局面があって、「あれ、今日は調子悪いんじゃね」と思った。

試走ではインナーローはほとんど使わなかったし、常に一枚残しているはずなのに。

これが致命傷じゃなきゃいいけど・・・。

 

8kmを経過した時点で、30分ちょっとを要していた。

え、これは90分ペース? ひょっとしていけちゃうぼく?

なんて乙女みたいにときめいて考えたが、そんなにうまくいくものでもない。

 

<中盤>

9kmあたりで、だんだん腰が痛くなってきた。試走のときと同じかんじ。

今回荷物は背負ってないから、おそらく30分過ぎると痛くなる仕様なのかなあ・・・と推測。

トルクをかけてるのが腰に来ているようだった。

さらに悪いことに、わき腹も痛くなってきた。

水分取りすぎ? いや、少しずつ飲んでますが・・・(´・ω・`)

さらになんだか、胃が気持ち悪くなってきた。(;´д⊂)オエッ

直前にお腹が減って、パワーバーを食べたからか。

腰、わき腹、胃の三重苦が、やる気を削ぐことこのうえない。

実際にペースが落ちてしまったというか、中盤の一部で、少々休むかたちになった。

いずれもそれほど重篤でなく、後で回復したのでよかったのだが、そんなこんなで不遇の中盤では、後ろからかなりの数に抜かれてしまった。

 

元気が多少戻ってからは、早めのシフトアップ&ダウンを心がけて、うまく足を使えるように進む。

反省点としては、一部下り or 緩斜面の、ギアを上げるべき局面で、何度もスピードに乗れなかった。

登りで抜いたぶん、そのままガンガン抜かれた。もったいなー。

 

<終盤>

残り8kmになると、腰とわき腹はほとんど痛みが収まってきた。(`・ω・´)よしよし

残り7kmで、タイムは1時間をすこし回ったところらしい。

90分を切るための計算をしてみると、残り7kmを、平均時速16から17km/hで進むことになる。

でもここは頑張らないといけないんじゃないか? 本番だし。あと三十分だし。

よーしパパ頑張るww と思って、トルクをかけてプチプチ抜いていったが、斜度の高い坂が現れてすぐに撃沈。

見てみると速度が10km/h程度。やっぱりダメだこりゃw(;´д⊂) 平均16km/h出ないw

とはいえ奇跡があるかもしれないので、なるたけ頑張って進むことにした。

 

そんなこんなで残り5kmくらいで、後輪に違和感。

ぼよんぼよんしていて、力が入らない感覚。

えっ、パンク?

クリンチャーなのにスローパンクってあるんだろうか?

チューブ変えたばっかりだし、実は少しずつ抜けてたとか?

正直言って気が気でなくなり、モチベーションに大きなダメージ。スローダウンw

目視で何度も後輪を見てみるけど、異常は確認できない。一応走れてはいる。

ここでパンクになったら、5kmを歩いてゴールするしかない。

仕方ない、後輪が動かなくなる前にゴールしてまえ! ということで翻って頑張る。

斜度の高いところも、臆せずにモリモリ登れた。(あっ、インナーローで・・・)

急げ急げ。

 

最終局面の平地区間は、ダンシングでスピードを上げて、なんと理想的な風除けをゲットw

最高34km/hまでお世話になった挙句、最後の坂の直前で差してしまいました申し訳ありません(;´д⊂)

ゴール前の坂では、やはりタレてしまった。

その後も、ゴールスプリント的に、もっともがけばよかった。(´・ω・`)

 

さて、特にイカしたポーズもとれずにゴールイン!!!!

手元のGARMINを見ると、料金所から計測で90分台だった。

計測開始地点から料金所まで、プラス2分くらいかな? 92分台? ・・・・・ということで90分切りならずw 残念(;´д⊂)

とはいえ目標の95分は切っていたので、満足だった。文句はない。

今日は、是非ブルーのリングを持ち帰るぞ、というモチベーションだったし(`・ω・´)

 

ゴールして、歩いて移動なひとたち。みんないい顔してるぜ。

P1020082.JPG

一応、車体を撮っておかないと・・・。なんか決定的にズレてる。向き逆だし。

ゴール直後で、こんなことに気づかないほど頭がボケてたに違いない。

P1020084.JPG

タイヤを調べてみたら、パンクの気配もなかった。

え? 盛大な気のせい? どういうことだ・・・(;´д⊂)

このせいで数十秒くらい遅れたはず。返せw

 

五合目にキター。GARMINが告げるところによると、摂氏5度で、めちゃくちゃ寒い。

P1020087.JPG

暖かい缶コーヒー・・・と思って自販機で買ったら、全然暖かくない。ナンスカソレ。

 

そういえばミクたんに抜かれるのを楽しみにしていたのだが、そんなハプニングもなくゴールしていた。

てくてく歩いてたので、カメラを向けるとポーズしてくれた。

不動峠で中の人を見かけたことがあるが、速過ぎる。

P1020088.JPG

 

あとは下山。

寒い、ガス、雨という三重苦で、特に雨は止むことがなかった。orz

本当に寒くて、足とか震えまくってた。着過ぎて暑いことはないってホントだわ。

 

会場に戻ったあとは、吉田うどんをガツガツ食べて、預けてた荷物(トランスアルパイン)を受け取って、雨の中をびしょびしょになりながら富士山駅まで。

駅で帰り支度をして、4時間の輪行。たい焼き(チョコ)を食べた。これがランチとなった。

IMG_1183[1].JPG

駅でパッキングとか、着替えとか。輪行野郎どもが大勢いた。

P1020091.JPG

 

楽しかったので来年も行くと決めた。来年は、90分を切ってブロンズ聖闘士になる!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  参加の皆さん、楽しかったですね(雨以外は)。スタッフやお手伝いの方々、どうもお世話様でした。来年また来ます。 ポチっとお願い申し上げます・・・。

Pocket

You may also like...

10 Responses

  1. toshinori22 より:

    失礼します。日本一の富士山HCお疲れ様でした!キツさと楽しさとレースの雰囲気がひしひしと伝わってきて楽しく読ませていただきました。ありがとうございました。これからもご活躍ください。

  2. 赤ピナ より:

    お疲れ様でした。
    やどかりさんも富士HCの虜になってしまったようですね(^▽^)/
    しかし、頂上寒かったですね。昨年は天気が良くて暖かかったので
    大違いでした。
    今度は赤城HC!楽しみましょう!

  3. 江戸桜 より:

    お疲れ様でしたー!
    次回ペガサスならぬデタサスでブロンズ聖闘士になれることを期待しています。
    ぽちっとな( ´ ▽ ` )ノ

  4. tac-phen より:

    お疲れ様でした。
    スタート前の自転車がきれいに並んでいるのすごいですね。
    後トイレの列も...
    腰が痛くなりながらもよく耐えましたね。
    しかも痛くなり始めたのが30分、残り60分走り続けたのは敢闘賞ものですね。
    ブログランキング、ポチリ。

  5. やどかり より:

    toshinoriさん、ありがとうございます!
    イベント自体、すごく楽しかったのですが、それをブログにうまく書けなかったというか、まあそれくらい楽しかったと思ってます(^^;
    また別のHCイベントにも参加予定ですので、がんばります!

  6. やどかり より:

    赤ピナさん、当日はご挨拶できず済みませんでした。
    富士HC・・・また参加したいと思います!
    9月の赤城山では、愚弟とガチンコの予定ですので、暖かく見守ってください(^^;;

  7. やどかり より:

    江戸さん、来年は聖闘士を目指します!そして来年はぜひ一緒に参加を・・・w ご検討下さい!

  8. やどかり より:

    tac-phenさん、日本人なので、行列とか整列がみなさん得意みたいです・・・(笑)
    腰のほうは、痛くて走れないほどではなかったのが幸いでした(痛いなあ・・・くらい)。
    tac-phenさんは関西なんですね。きっと色々と面白い山があるのでしょう。(^^

  9. FISH より:

    輪行お疲れ様でした(^^)
    本戦よりしんどそうですよね、マジで。
    本戦もお疲れ様でした、僕の初戦は93分でしたから、負けたかな。
    また来年もぜひ上りましょう!

  10. やどかり より:

    FISHさん、コメントありがとうございます!
    輪行は多少慣れてるはずですが、よく考えたら過去最長距離だったかも・・・。
    来年も登りたいですが、多少は皆さんと勝負になるように、1年間鍛えてみる所存です(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。