霊峰富士で、飛ばすか引くかの巻

Pocket

霊峰富士に自転車で登るレースの日を、指折りかぞえて待っている。

 

本番を走るにあたって、悩んでいることがある。

ペース配分だ。

先週、一度試走をしたので、コースの雰囲気はなんとなくわかった。

試走の際のペースであれば、完走はできそうだ。

ただ、せっかく出るのだから、自分なりの時間的記録を狙わないわけではない。

できれば、なるべく速く走って、おまけに記録がついてくると嬉しい。

 

どのくらいのがんばり具合で走るか。

 

最初からかっ飛ばして、しかしうまいことタレずにゴールするというのが、一番記録を狙える気がするが、がんばりすぎて足がつったり動けなくなったりでDNFというのは避けたい。

かといって、飛ばしすぎを恐れるあまり、余力を残してゴールというのもさびしい。

できれば80%でも120%でもなく、100%の力を使ってゴールしたいのだが・・・ムリかw

悩むのもまた楽し、だ。

 

たぶん最初っから力んでいって、中盤でタレて、終盤で復活してちょっとがんばる、みたいな立ち回りになるんだろうな、と思った。

ペースは周りの動きにも左右される気はするけど、こればかりは実戦になってみないと分からないなあ・・・。

まあどういう動きになっても、前回試走の1:44が切れれば、まあ結果的にオーライオーライとしてしまうんだろうけど(´・ω・`)

 

そうそう、本番までのトレーニングとしては、なるべく負荷をかけて長時間、というのをやりたいのだが、仕事その他の理由であまり時間がとれず、ひとまずダイエットに励んでいる次第。あとはアニメを見ながらちょこっとだけローラー。

できればもう一度試走したい(楽しいから)のだが、金銭的理由でムリそう。

何せ電車で行っても、片道4,300円かかる・・・。 本番だけで十分だし(;´д⊂)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  あ、自己申告の時間が早すぎたので、周りについていけばオーバーペース・・・w 宜しければクリックのご協力をお願いします・・・。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。