やどかり家の入学式&入園式の巻

Pocket

わが家には小僧と小娘がひとりずついて、3歳ちがいになっている。

その年の差が、入学式と入園式を立て続けに発生させることになった。

幸い、仕事は休めて2連休である。(自転車には乗らなかった・・・。)

 

2012/4/11 入学式、マンションの前にて。

P1010688.JPG

言うまでもないが、右側が長男6歳である。

さすがに6歳ともなると、入学式のために親たちと離されて泣き出す子はいない。

そう考えると、いかなる年でも、人って成長するんだな、と思う。

ただし息子は若干緊張していて、見ていて愉快だったw

英才教育をほどこすつもりはないので、失敗しながら、生活を豊かにする知識や方法やルールや、体の使い方を学んでいけばいいと思うが、友だちはいっぱい作ってほしいな。

 

2012/4/12 入園式、教室にて。

DSC_1315.JPG

幼稚園の入園式というものは、初めて幼稚園に連れてこられた世間知らずの幼児の泣き声の狂宴である。

はっきり言って、泣き声が大きすぎて、園長先生のお話とか聞こえない。

お約束的でたいへんよろしいw

しかしウチの娘は、3年間(兄について)幼稚園を行き来していたので、先生たちとも親しんでいるし、慣れたもんだった。

入園式の間、さすがに父兄のほうを向いてピースしたり、席から出歩いてアピールしたりする元気/やんちゃさは持ち合わせていなかったが、まず落ち着いたスタートを切れそうでよい。

幼稚園入園に関しては、3年前の息子のほうが心配だったが、それでもなんとか卒園できたので、娘については何ら心配をしていないw

 

さて、かの柳田國男のいう「ハレの日」には、その証しとして寿司を食すという長い伝統が当家にはあって、今日は銚子丸(回る寿司屋)に行った。

じつはダイエット中なので、寿司は食べないようにしてるし、最近では白米も食べていない。(かなり制限している)

久々の白米&寿司を口にして、しみじみと感動・・・・・・することもなかったので、白米や寿司がなくても人は生きていけると思います。

本当にありがとうございました。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  これにより、子ども関係のイベントが人生最多の時期に入る。 ポチっとお願い申し上げます・・・。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。