つるちば二日目(第32回 本日のポタ) Part-1

Pocket

3:45起床。4:30出発。

 

弟のクルマにバイクを乗せて、京葉道路→東金有料道路により、船橋から白子に向かいます。

予定通り?の土砂降りで、ちょっと自転車に乗れる天候とは思えない。

なんとか注意報とか、なんとか警報とかが、公的機関からうなるほど出てるはず。

コンビニの駐車場で朝食をたべながら、つるちば事務局に電話してみます。

 「あのー今日はひどい雨で・・・」

 「やります キリッ」

ひょっとして中止なんじゃないかという、淡い期待が打ち砕かれました(^^;

もう出るしかないか?

弟という連れがいたから来たものの、ひとりだったら完全にDNSしていたことには絶対の自信があります(^^;;;

P1000669.JPG

 

スタート地点である白子荘の駐車場が満杯で、砂浜のほうの駐車場にクルマを停めて、バイクを組み立てます。

稲光に照らされる太平洋。波の高さもかなりのもんです。(^^;

エントリの受付に向かうときに、早くもシューズが水没してタプタプ。ぐう。

まだ始まってもないのに、一日この足か・・・と思いゲンナリします。

 

スタートして最初のエイドステーションまでは数珠繋ぎです。

ブレーキが利かないのと足がタプタプ以外は、まあ普通のサイクリングです。

車道ばかりなのがちょっと怖いです。

 

最初のエイドステーション。日在浦海浜公園。

ここで雨が多少あがってきて少し元気に。これはぬか喜びだったのですが。。

バナナとチョコをもらって、口内調味。相性ばつぐんでかなりおいしいです(^^;

P1000673.JPG

P1000675 - コピー.JPG

110kmでエイドステーションが4箇所あるので、だいたい25kmから30kmで休憩となります。

これは多めの印象。疲れなくていいけど(^^

 

二個目のエイドステーション。大多喜小学校。

写真なし(^^;

あとでパンフレットを読んだら、建築的価値のある学校だったようで、ちゃんと見れなかったのが残念。

ここで上着のポケットに入れていた携帯電話が水没していることを発見。

というのも、ポケットのジッパーが全開でした。

電源が入らず、やっちまった・・・とブルーに。

まぁ5年半近くつかっていたので、これでようやく機種変更をするふんぎりがつきます。

弟に携帯が危篤の旨を伝えたら、「寿命だろ」と言われました。。

(実はあとで復活して、元の調子にもどったのでよかったですが!)

 

出発するので並んでいたら、指導員の方が、「次は楽しい坂道ですよ(^^」と思いやりにあふれる情報を下さった。

私はいわゆる山を登ったことがありません。

事前情報だと、200mくらいの登りということで、まあなめてました。

初めて山を登った感想は、案外たのしかった。

脚はつらいし、息は切れてハーハー、ハーハー、たまにゼーゼー言ってて恥ずかしいし、インナーローでくるくる回しても一向に前に進まないことに失望もして悔しく思ったのですが、目の前の坂を見ると、なにやら挑戦したくなる気持ちが働きます。

登りおえると、「ひー、やっと終わった」と思って(=勘違いして)完全な開放感にひたれる(笑)

次にまた坂が始まると、「うそだろ・・まだ終わってなかったのか。。」と絶望する。

まあこうしたドラスティックな心理の動きは、平坦を走っているだけでは味わえないですね(^^;

 

一緒に走っている弟がヒザを痛くしているので、たびたび坂で置いてけぼりにしました。

下ったところで弟が来るのを待っていると、ボランティアの歩哨のおじさんに目をつけられて、「おたく大分つかれてるなー。ジュースあげるからがんばって」とカルピスウォーターを差し出されました。

なんとあたたかいお言葉だ・・・とありがたかったのですが、ペットボトルは持ちようがなかったので、丁重に辞退。

「あと3kmか、4kmは坂がつづくけど、まあそれだけだから」

えーまだそんなにあるのか。。。。 ちょうど半分くらいかな?

しかし実際はこのあと10km以上も山道だったのですが(笑)

それと山の区間に入ると、雨が勢いをとりもどしてきて、さながら何かの罰ゲームでした。。。

 

坂の終わりが、この勝浦ダム。

単なる無骨なダムだけど、坂区間の終わりということで、なにやら神々しさを感じた(^^;

P1000681.JPG

P1000679.JPG

このダムの直前が急な斜面になっていました。押している人多数。

弟がバイクを押してくるのを写真にとって、あとで脅迫しようと待ち構えてたら、意外にも乗ったまま上ってきてしまって、軽く舌打ちしました。

(part2につづきます。後日UP予定。。。)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ←雨と坂というかつてない体験を、乗り切れたのは運か。。 ポチっとお願いします・・・。

Pocket

You may also like...

6 Responses

  1. hiro より:

    お疲れ様でした。Cコースで参加したものです。しかしスタート前、本当に出送を迷う天候でしたね(笑)。スタート前、あの長蛇の荷物の列に並んでいると、トラック近くのパームツリー(?)にたてかけてあるコルナゴ。しかもKUOTAと一緒に立てかけてある?。やどかりさんに間違いないと思いました。ごあいさつできれば・・・と思いましたが、お会いできませんでした。これからもよろしくお願いします。

  2. Torosuke より:

    お疲れさまでした!何かの修業のような過酷な一日でしたね。。
    第一エイドステーションでやどかりさんとおぼしき方を見かけました。
    入れ違いだったので、ご挨拶は出来なかったのですが。
    初イベントがこれでしたので、もうどんなイベントでもドンと来いです。
    またどこかでお会いできるといいなぁ。その辺で顔あわせてる可能性も大ですが(爆

  3. けいちゃん より:

    やどかりさん こんにちは!
    大雨警報発令中のサイクリング、大変でしたね。
    よくぞ完走されたと、感心しております (゚∇^d) グッ!!
    私は、見事に晴れ渡った三日目の朝、前夜からのアルコールを蓄えたまま、千倉を出発。20キロ組のせいか、スロースピードに悩まされましたが、亀山ダムに向かう坂道からは、団体もばらけ勝ちになり、快適なサイクリングを楽しみました。
    今までは「坂」を大の苦手としていましたが、下りの快感が病みつきになりそう ホホホ!(^O^)。
    亀山ダムからの下りはドーパミン出まくり、半開の口からヨダレがダラ?と出てきて、後続の方にご迷惑をお掛けしたと思います。
    スタミナ重視のコースとのことでしたが、海・湖・山・坂&地元の方の路上声援の五拍子揃った快適なコースでした。
    来年の出場が楽しみです ~(^◇^)/

  4. やどかり より:

    hiroさん、こんにちは!
    出走前は、正直DNSでも何も恥じることはない、むしろそうすべき理由を探していたのですが(汗)、終わってみると雨の中でも出てよかったかな、と思いました。
    木にたてかけていたコルナゴとKUOTAは、間違いなく私と弟のものです(^^; 発見していただいて光栄です(笑)
    今まであまりイベントに熱心ではなかったのですが、今回つるちばに参加して、なかなか楽しいじゃないか・・・と思った次第です。雨は抜きにしても(^^; 
    また何かしらのイベントに参加してみたいと思ってますので、こちらこそよろしくお願いします!

  5. やどかり より:

    Torosukeさん、お疲れ様でした!
    お互い二児の父親ですので、無事家族のもとに帰れてよかったですね(^^;
    今回連れあった人たちは、「これはいい経験だよ・・・」としきりにつぶやいてました(笑)
    第一ASでご発見いただいたとのことですが、やっぱりバイクでわかるんですよね。。 そりゃそうですが。
    弟も、よく見ているブログの人を何人か見かけたと言っていました。
    Torosukeさんとは同じ船橋なので、やっぱりセオかY’sか江戸川あたりで(^^;、すれちがいを楽しめたらと思います!

  6. やどかり より:

    けいちゃんさん、こんにちは! 三日目おつかれさまでした!
    結構暑かったですよね? 都内で、半そでの自転車集団をいっぱいみかけました。いいなぁ。。と思いつつ。(通勤途中だったので。。)
    私は今回、初めての下りっぽい下りを経験して、ドーパミンというより、雨で効かないブレーキにより冷や汗を出していました(笑)
    けいちゃんさんは、来年も出られるんですか! 私も一年後のコースがどうなるのか、何やら楽しみな気がしております(^^; あとお弁当が。。
    ほんとは三日間出れればいいのですけどね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。