弟の新車、KUOTA KEBELを見たの巻

Pocket

弟が新車であるKUOTAのKEBELに乗って、実家から船橋のウチまで遊びに来ました。

一週間前に納車があったばかりの、ピカピカの新品で、彼にとっては初めてのロードバイク。

まだ10kmほどしか乗ってないのに、いきなり90kmを走ってやってくるのだからたまげます。

ただし彼は、フラットペダルのミニベロで100km以上走ったりするので、まるっきり「今日から始めました」というわけではないところが憎たらしい。

一般道から江戸川CRを南下してきたらしいのですが、昨日はこの辺りは、南風の強風でしたね。。。

さすがに超強力なアゲインストに辟易したらしく、「輪行袋を持ってこなかったことを後悔した・・・」などど泣き言をいう始末。

私は鼻で笑った挙句、江戸川なめんなよ! と思いましたが、それほど江戸川を走りこんでいるわけでもない私が言ってもかっこつかないので、ぐっとこらえます。

 

私がいつもマイバイクの写真を撮っているマンションの前で、KEBEL殿の写真を撮ってみました。ちなみにサイズはXS。

P1000460.JPG

P1000461.JPG

 

私が勝手に「八つ目ウナギ」と命名した、穴あきサドル。通気性のためかな?

P1000462.JPG

P1000464.JPG

コンポーネントはNew105。

STIレバーがかなり変わってますね。

形状もぜんぜん違います。小さくて持ちやすいし、レバーが近いので、私が入れているブレーキスペーサーなんかは必要ない感じ。

ちょっと乗らせてもらったのですが、いい感じで気に入りました。変えたくなるなこれは。。。

 

さてこの弟と私は、一卵性双生児の関係にあるので、知力体力はほぼ同じ。

身長は私のほうが5mmばかり高いか? といった程度の差で、セッティングされた自転車を、それほど違和感なく交換し合える間柄です。

そのように二人は遺伝子的にはクローンなのですが、大事なことがひとつ。

 

私のほうが、体重が15kgばかり重い。。。

 

私の体型が肥満気味であるのに対し、彼は痩せ気味です。体脂肪率は9%。

肥満は環境が作ることが実証されたかたち(^^;;

自転車に乗るうえでは、このうえないハンディです。

そのうち、いやおそらく既に抜かれていることは間違いない。

そういえば自転車は基礎体力のスポーツだしな・・・・と苦々しく思い出しましたが(笑)、さすがにダイエットがモチベートされてきますね。。。

Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。