初パンク、初落車、初回収(第13回 本日の朝ポタ)

| コメント(2)

実家から自宅に帰るの巻。

魔の4月30日の始まりです。

前日100km走破に引き続き、帰りの道は84kmの予定。

心配していたほどの疲労や向かい風もなく、気分よく出立し、その日の午前のうちに、船橋の自宅に到着するつもりでした。

 

しかし結論から申しますと、15kmほど走ったところで走行不能になりました。

 

落車してしまいました故。

 

いい気分で快走していた県道で、目の前に(たぶんトラックが落とした)大粒の砂利の山が。

「これは砂利だー!」と思ったところで既にハンドルをとられ、

「しまったハンドルとられた!」と思ったところで既に歩道の縁石に衝突し、

「ひょえーこれはまずい!」と思うのと宙に浮くのが同時で、

マトリックスみたいなスローモーションはなくて、

一瞬で人間とバイクがすごい音をたてて、縁石の向こう側、つまり歩道に転がっていきました。

非日常的な音が止んだのを確認してから、「やっちまった・・・」と思いました。

 

アスファルトへの長いキスの後で、なんとか体を起こすと、痛いけれど立ち上がれないほどの重症ではない。

バイクは? 哀れにも真っ逆さまになって、STIが地面に突き刺さっている様子。

起こしてみると、STIから草が生えている・・・。

悲しくなって、草を引き剥がすと、土がつまっているので、それも除去します。

 

体のほうを一通り点検して、バイクを見てみます。

まず明らかに前輪がパンクしています。

パンクの音は聞いていないので、いつしたのだろうかと。

砂利を踏んでパンクしたのか?

縁石にぶつかってパンクしたのか?

今となっては確かめようがありませんが・・・。

修理して乗れるか? と思ってタイヤを仔細に見てみると、三箇所で裂けている。

ここで写真を撮らねばブロガーの名折れ、とばかりに、意気消沈しつつもパチリ。

P1000137.JPG

 

これは素人目にも修理不能です。つまりもう、走れません。

とするとチューブは見ても仕方がないな、と考えました。(後で見たら裂けまくりだった)

取りうる方法は幾つもなくて、家族に電話をして、回収を頼みました。

私の期待を一身に受けた回収車が来るまで、ローソンで一時間ほどぼーっとしたり、思い出し恐怖に足を震わせたり、最悪の事態として考えうる廃車についての心構えをしたり、新しく買わねばならないホイールについて検討したり、家族への事情説明のスクリプトを考えたりしました。

 

ローソンで回収車を待つの図。

P1000141.JPG

 

実家に戻ってから、体のほうの治療をしました。洗浄と消毒と傷薬の塗布。

傷の様子をバキ的に表現すると、

 ・左肩部 打撲、擦過傷

 ・左上腕部 打撲、擦過傷、裂傷

 ・左臀部 擦過傷

 ・左下腿部 擦過傷

 ・右手首 打撲

 ・左胸部 打撲

となりますでしょうか。

特に左上腕部の裂傷が、縫合の必要はなさそうですが深めで、彫刻刀(三角刀)で削ったみたいになっています(怖)。

おそらく回復後も、傷跡は残りそう。

写真も撮ってあるのですが、グロ画像になるので掲載は自粛します。。

 

それと胸部の打撲。とにかくあらゆる体の動作に伴い、痛みを感じます。

深呼吸しても痛いし、咳をしても痛いし、それこそ欠伸をしても痛い。

なので、くしゃみをするのがとにかく恐怖で、今のところ出そうになってもなんとか堪えていますが・・・。

最初は肋骨いかれたかな? と思って、病院でレントゲンをとってもらったですが、骨には異常なし。

でも痛いものは痛いわけで、仕事をしたり歩いたりくらいは問題ないですが、走ったり、それこそローラーを転がしたりするのは当分無理そうです。。。

 

あと地面に落ちたときに頭をぶつけたのですが、ヘルメットのおかげで無傷でした。

これがなかったら、たぶん左側頭部を割ってしまい、縫合していたと思われます。

万一の際にきちんと仕事をしてもらって、本当に嬉しい限りです。

(ほんとは嬉しい事態でもなんでもないんだけど)

 

さて体のほうが、なんとか都合がつきそうなので、物的損害のほう。

 ・タイヤ → バーストにより廃棄済

 ・チューブ → 裂け目により廃棄済

 ・新品ビブショーツ → 細かい穴が数箇所、汚れ(泣)

 ・新品バックパック → 細かい穴が数箇所、汚れ(泣)

 ・ホイール(前輪) → リムが変形。廃棄予定

 

ヘルメットは、衝撃を受けましたが、割れてないし大した外傷もないから、そのまま使えるんだろうか?

もし使い物にならないのなら、これも廃棄になるのか?

OGKのモストロを使ってますが、調べてみたら、こんなかんじでした。

万一、事故や転倒などで衝撃を受けてしまったら、そのヘルメットを使い続けずにすぐに交換するようにしましょう。

 

・・・言葉に言い表せない心持ちですが、命を買うことになるので、おとなしくOGKの新商品レジモスを購入しようと思います。

 

 ・ヘルメット(モストロ) → 念のため廃棄予定(泣)

 

車体のほうの損害状況は、後日改めて報告致します(泣)。 

コメント(2)

何と言っていいのか…
体に大きな怪我が無かったのが幸いです。

体も車もしっかり養生して復活してください。

ページ一覧

  • 自転車

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        




大好きなモンベル
モンベル コンパクトリンコウバッグ 100×140cm
モンベル サイクルフィンガーレスグローブ
モンベル フットウォーマー ロング
モンベル GORE-TEX サイクルレイン ジャケット Men's


このブログ記事について

このページは、やどかりが2010年5月 2日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「船橋の自宅から北埼玉の実家へ (第12回 本日の朝ポタ) 」です。

次のブログ記事は「バイクが獲得した負傷の巻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。